起業家の苦悩

起業家が苦しむことっていろいろあります。

企業直後で一番アタマが痛いのは・・・お金の問題です。

資金繰りが潤沢にあればいいのですが、そんなことは先ずありません。

それに借り入れをしようにも銀行もあまり積極的に融資はしてくれません。

銀行融資は期待できないので、キャッシュを蓄えておくしかありません。

資金繰りに関しては、事業がうまくまわってくるまで厳しい状況が続くので、覚悟して資金繰りの算段を立てましょう。

 

そして企業直後に悩むことのひとつに・・・人材があります。

企業直後の規模では社長一人で事業を進めていけます。

しかし、事業が順調にまわってきて規模が大きくなってくると、人出が足りなくなります。

従業員を雇うのは簡単ですが、費用対効果に見合う組織体制にするには苦労します。

教育研修やモチベーションアップ、その前に求人などすることがたくさんあります。

人材教育にはお金と時間が掛かります。

そしてお金と時間を掛けてようやく育ってきた人材が、あっけなく退職してしまいます。

また、求人からお金を掛けて人を集めて、教育しないといけません。

実際はこの繰り返しで、少しずつしか人材は残っていきません。

いきなり正社員として雇うのは難しいので、最初はアルバイトなどで働いてもらってから双方にその後の選択の余地を残しておくことをオススメします。

正社員は給料以外にも社保関係などの費用が掛かります。

実際には年収の倍くらい掛ると言われています。

 

それだけに人材の問題は、お金の問題とも直結してきますので、慎重に体制作りをしていくようにしましょう。